キム・ヒョンジュンが気になる

きじたんの日記 * 1/4~5

画像をお借りしました。ありがとうございます。
e0248177_01044312.jpg







ごきげんよう 奥たま ^^

やっぱり自分のお家はいいですね。^^ キラーン

引き続き 思うこといろいろ
日記というカタチにしてブログに綴っていきます。
拙い内容ですが、良かったらお付き合いくださいね。^^




179.png179.png179.png




厳しい寒さの北海道へは キャメルのコートを着て行きました。
去年の二月、ヒョンジュンの除隊日に着ていった同じコートです。
ファーのマフラーも 帽子もあの日と同じ。
息を吸うと咳き込むような氷点下の気温も同じ。
思い出に浸りながら北海道を過ごしましたよ。^^




ここが一番寒かった !
幻想的な空間を体験しました。


e0248177_01071713.jpg


美瑛の白金温泉にある青い池です。

池が凍って その上に雪が積もってます。
木々を照らしたライトアップが美しい風景でした。^^




179.png179.png179.png





このキャメルのコートを着るともう一つ思い出すことがあります。
お世話になった韓国人の若いガイドさんから
私の姿を見て「100%日本人に見えます」と言われたこと。

言いかえれば
きじたんが韓国にいるとエライ浮いて見えるってことw

「どんな所が韓国のおばさまと違うんですか ? 」と質問したら
まず、そのようなファッションの人はいないw
帽子もかぶらないw
ちょっぴり茶髪にしていたんだけど、そのような髪色の人はいないw
メイクの仕方も全く違うw
とにかく全体の雰囲気が違うとハッキリ言われてしまいました。

やはり海外はパスポートを握り締めて歩かなくちゃ ! (-"-) ←田舎者あるあるw

若い頃、母に言われて
お金をいれた布を服に縫い付けて上京したことを思い出すわ。(-"-)


ヒョンジュンも韓国や海外で日本ペンを見ると
すぐに日本人だと気づいてくれるらしい。

今までは、日本人=おばペンだからだと思っていたけど
年齢だけでなく さまざまなところを察知して応えているんだろうね。




179.png179.png179.png




札幌ではヒョンジュンを感じられる聖地
北のグルメ亭にも行ってきました ! ^^


e0248177_01112856.jpg



午後3時までの営業で、午後2時半に到着。。^^ ;;
この時間 二階はクローズになってしまってて
リダ席には座れませんでした。(TT)

閉店30分前でしたが
海外のお客さんが数組座ってて、私達の後からもどんどん来られます。
女性店員さんは流暢な中国語を話しながら注文を取っててカッコいいの。

きじたんはヒョンジュンと同じ赤身三食丼を注文しました。^^

メニューはたくさんあるし、ネタの組み合わせもいろいろあるのに
あえてこれを選ぶということは
ヒョンジュンは まぐろとウニといくらが好きなんですね。^^



e0248177_01122625.jpg



見た目はメニューに載ってる写真の方がネタが大きくて華やかだけど(あるある)
食べてみたら どれも良質でベストなセレクトだと思いました。^^

ちょっと贅沢なランチ価格(3210円)ですけど
今冬高騰してる いくらがたっぷり乗っていたので
ヒョンジュンの気になる「 元 w 」は出来る限り取ってると思います。^^ キラーン
北海道の美味しさを食してもらえて嬉しかったよ。^^

私達が行ったのは中途半端な時間だったので
赤身三食丼とカニの味噌汁を一つずつ頼んで
二人で分け合いながら美味しくいただきました。^^
気持ちも身体もポカポカです。^^




179.png179.png179.png





テレビでお正月番組を観ていたら、懐かしく思い出しました。


e0248177_01153678.png



豪華なアスリート達とのバトルも感動しましたよ。
特に修造さんには 心配で胸を痛めたあの頃も元気をもらいました。




179.png179.png179.png





このHAZEソウルの髪の毛は
ガッチリとセットされて 触るとカチコチなんだろうなぁ



e0248177_02021879.jpg




ヌナのカバンの中に入ってる いつも持ち歩いている大きなスプレー缶は
どのぐらい持つんだろうね。

ジャケ写の撮影の時なら軽く1本は無くなってしまいそう。

(-"-)シュー (-"-)シュー (-"-)シュー

いつのときもこだわって細かく手をかけて 素敵な人をより素敵に。.。:+*

ヌナ…。
あれほどの腕があれば もっと条件の良い声もかかるでしょうに。。ね。






e0248177_03124628.jpg



ヌナが傍にいて わたしも嬉しい。ね ? ヒョンジュン ^^




179.png179.png179.png





もちろんヌナ達はヒョンジュンだけの専属ではないはず。
多く引き受ける仕事のうちの一つなんだと思う。

でも去年は日本に滞在した二ヶ月間や、あらゆる公式の場で
いつのときもヌナのスタイリングを感じたので。。

ヒョンジュンから突然オファーがあったら
真っ先に動いて すぐに対応する
いろいろ考える前に身体が自然と動いちゃう…家族のような存在かな。^^

手をかけたら 魔法にかかったように輝いてくれる
やりがいを感じさせてくれる人
どんな最新の流行も着こなしてくれるから 腕が鳴るよね。^^






179.png179.png179.png




ヒョンジュンもそうだけど
音楽や映像に携わったスタッフもしっかりと稼いで欲しいな。

考え方は人それぞれだけど
きじたんは転売屋さんが儲かるコピー商品は買わないよ ! (-"-) フン


でも ヒョンジュンのような音楽の売り出し方は
過去に良質の作品を持つ彼だから出来ることなんだろうね。

感動を原動力にして 感動が感動を呼んで
あらゆるSNSと動画サイトを通して世界中に歌を広げて
気に入ってもらえたら公式のデジタル音源を購入してもらうやり方。

若い頃はジフ先輩のイメージで苦しんだ時もあったと思うけど
長年努力してきた軌跡が、やりたい音楽のカタチを後押してくれているように見えます。





179.png179.png179.png












by kijitan | 2018-01-04 06:06
<< きじたんの日記 * 1/6~7 新年のご挨拶 (*^^*) >>



何でリダと呼ばれてるのか、SS501も知りませんでしたよ

by きじたん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログジャンル